Home

医師の転職

医師の転職活動の現状

最近の医療改革の影響で医師不足の現状は、悪化して医師が転職を考える人が増えています。以前は医師と転職は、結びつかないイメージがありました。しかい最近では医師は、収入面や待遇面でより良い職場への転職を求めて活動します。

しかし、忙しい医師には転職活動をしている時間が確保出来ないのが現象です。医師の中には、知人の医師の紹介で転職先を見つける場合もありますが、多くの医師はインターネットなどをみれば多くある医師転職サイトなどに登録して、自分の転職先に求める希望を転職サイトの専任のコンサルトに伝えて、希望に合った転職先を探してもらいます。

医師の求人先は多くありますが、経営難も病院も増えていてなかなか収入面で希望する収入を得るのが難しい一面もあります。しかし、医師の転職先も広がってきて病院だけではなく、介護施設だけでなく企業・学校などに医師の転職先も広がって来ています。医師は、転職する目的をきちんと自問自答して答えを見つけてから転職先を決める必要があります。

よくある医師転職の理由

医師と転職とは世間の人からみて結びつかない言葉だと思われています。世間の人は医師は、好待遇で自分の待遇に満足しているという印象があります。しかし、現実の医師は世間の人が思っているのとは違い近年の医師不足で過重労働を強いられており給料も勤務医の場合世間の人が思うような高収入ではありません。

医師の労働条件は、過労死のラインに近い労働時間の医師が多く、常勤医師の場合は夜間や休日にも急患などの対応で、病院に束縛されているようで精神的に休まらないなどの理由で転職を考えるようです。医師の中でも、医師になって経験の浅い若い医師が転職を希望するケースが多いようです。医師も、人間ですから良い環境で働きたいと考えるのは当然です。

インターネットでも、最近は医師の転職サイトが増えているのはそれだけ多くの医師が転職を希望しているという現れです。更に医師不足で医師の求人募集を出す病院も増えていますので、それが医師の転職に拍車を掛けている一因でもああります。